縁結びの地・奥出雲で採れた天然水「仁多水(じんおおすい)」の公式ネットショップ

奥出雲の水「仁多水」

アクア:シマノシステム直営の公式ネットショップです。

電話番号
  • 新規会員登録
  • マイページ

お買い物カゴを見る

  • ホーム
  • 商品一覧
  • 仁多水
  • 美味しさの秘密
  • 採水地「奥出雲」の自然
  • TSUNAGU

縁結びの地「奥出雲」の恵みをご家庭にお届けいたします。

 

水は健康の源!

正しい水分補給の方法

水は健康の源

●体の水が不足すると・・・

私たちが生きていくために「水」は欠かすことのできない存在ですが、その摂取量が不十分であることによる健康障害が、多くの悲劇を引き起こしています。児童・生徒などを中心にスポーツに伴う熱中症による死亡事故は後を絶ちません。また中高年で多発する脳梗塞(のうこうそく)・心筋梗塞(しんきんこうそく)なども水分摂取量の不足が 大きなリスク要因の一つとなっています。これら脱水による健康障害や重大な事故などの予防には、こまめな水分補給が効果的です。

●体の水が不足すると・・・

●人体の水の割合は・・・

●人体の水の割合は・・・

成人男子が比較的安静にしていた時の人体の水分は左のとおりです。「体内でつくられる水」とはたんぱく質や炭水化物、脂肪などの代謝によって得られる水です。夏の暑い時や運動などで発汗量が通常より多い時は、それに見合う水分の補給が必要となります。

●健康に過ごすために・・・
正しい水の飲み方

のどの渇きは脱水が始まっている証拠です。渇きを感じてから水を飲むのではなく、渇きを感じる前に水分を摂ることが大切です。ちょこちょこと、こまめに飲むようにしましょう。特に、水分が不足しやすい①寝る前と起きた時・②スポーツの前後・③入浴の前後・④飲酒の後などには、水分を摂ることが大切です。
朝1杯は必ず飲みましょう!
水分の摂取量は全般的に不足気味で、平均的には、コップで「あと2杯」の水を飲めば1日に必要な水の量を確保できます。その際、糖分や塩分が多いものは吸収までに時間がかかったり、アルコールや多量のカフェインを含む飲料は尿の量が増え体内の水分を排せつするので、注意が必要です。

●健康に過ごすために・・・正しい水の飲み方

※参考:「患者指導のための水を健康ハンドブック」水と健康医学研究会監修、2006.3、日本医事新報社

★ 水を飲む習慣は一生の宝★ 水分補給には『仁多水』★




水分補給には何がおすすめ?

水は健康の源

●体の中での水の働き

体の中での水の働きはいろいろとありますが、その一つに「体温調整」があります。
わたしたちは、気温が高い時や運動などによって体温が上がると汗をかきます。この汗が蒸発する時に、皮膚から熱を奪って行き、体の外にその熱を逃がします。これによって体温が上がりすぎるのを防いでいるのです。

脳に酸素を送り届ける水

脱水になると

●水分補給で何を選ぶ?

「水分」という面からみれば、コーヒーやお茶、紅茶などを飲んでいれば良いように思えます。しかしこれらは水とは言えません。アルコールも同様です。
コーヒーなどカフェインを含む飲み物は、リラックス効果が得られる反面、水分を奪いさえします。利尿作用があるために水分補給をしてもすぐに排出されてしまうからです。水分を摂るとトイレが近いと感じていた方の中には、コーヒーやお茶を飲んでいたという方が、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。
また、お酒は水分補給どころか、脱水症状を引き起こします。体内に入ったアルコールは、胃や腸で消化され一部が汗や尿となって排出され、残りは肝臓に運ばれ分解されます。しかし、日本人は欧米人に比べアルコール分解酵素が少ないため、分解しきれないアルコールが血液中に残ってしまい、それが二日酔いの原因になります。

●水分は水で摂る!

普段の水分補給には、糖分、カフェイン、アルコールなどが含まれていないものを選びましょう。
ジュースや清涼飲料などは糖分が多く、スポーツドリンクは塩分を含むのでたくさん汗をかくときは良いのですが、やはり糖分が含まれるため注意が必要。普段の水分補給は、水など、糖分が入っていないものを選びましょう!

司令官へお水を1杯!

※引用:「美しく健康になる 水セラピー」 齋藤博之監修、2006.3.23初版、(株)アクタスソリューション

★ 水を飲む習慣は一生の宝 ★ 水分補給には『仁多水』★




脳に酸素を送り届ける水

水は健康の源

脳に酸素を送り届ける水

人間の脳の75%は水分でできています。脳が一番水分を必要する臓器だと知っていましたか?脳が正常に働いてこそ、人間は生きていることができます。
今あなたが飲んだ水は、約1分後に血液と一緒に脳へ送られると言われています。酸素を脳の毛細血管のすみずみまでたっぷりと行き渡らせるには、常温の水を少しずつこまめに飲むことが大切です。
いつもクリアな思考でいることができます。

脳に酸素を送り届ける水

脱水になると

脱水になると・・・

よく聞く脱水症状とは、脳に水分が行き渡らないため、組織を動かす指令が出せない状態のことをいいます。からだに必要な水分を調節する機能がうまく働かないのです。
また、人間の体の約60%は水ででできているため、水分が不足するとだるくなったり、むくんだり、体調にも変化があらわれます。
あなたは、水分不足になっていませんか?
左のような症状は、からだからの注意信号です。
十分な水分を摂ることで血液循環がよくなり、脳は活性化されます。

司令官へお水を1杯!

脳はからだを統括する中枢、まさに司令塔です。
働きもののあなたの脳に、
1杯の水を忘れないようにしましょう。
特に、仕事に熱中しすぎたり、頭を使う会議のときなど的確な指令を出すためにも、脳の潤いを忘れないようにしたいものです。

司令官へお水を1杯!

※引用:「美しく健康になる 水セラピー」 齋藤博之監修、2006.3.23初版、(株)アクタスソリューション

★ 水を飲む習慣は一生の宝 ★ 水分補給には『仁多水』★




カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 夏季休暇

モバイルはこちら

フードアクションニッポン

シマノシステムはFOOD ACTION NIPPON 推進パートナーです

奥出雲

「環境王国」のサイトを見る >

「環境王国」のサイトを見る >

facebook

twitter

ページトップへ