縁結びの地・奥出雲で採れた天然水「仁多水(じんおおすい)」の公式ネットショップ

奥出雲の水「仁多水」

アクア:シマノシステム直営の公式ネットショップです。

  • ホーム
  • 商品一覧
  • 仁多水
  • 美味しさの秘密
  • 採水地「奥出雲」の自然
  • TSUNAGU

水は全て繋ぐ

2020年11月

薬は、本来は病を治す艸(草)、薬草のことでした。
「樂」は小さく擦り潰す意味、また呪医が鈴を鳴らして邪霊を祓う意味があり、草を小さく擦り潰して治癒のために服用するものが「薬」だったようです。
この「薬」に「くすり」の平仮名をあてたのは「奇すし」と「擦り」、つまり霊妙あらたかなる「擦り潰したもの」に由来するのかもしれません。
薬缶(やかん)も本来は薬を煎じるもので、薬として日本に入ってきた茶をいれるものに変わっていったようです。薬玉(くすだま)も漢の時代に麝香や丁子、沈香などの生薬を袋に詰め5色に錦を垂らして邪気を払うものとして用いられたのが始まりです。
薬は、本来は病を治す艸(草)、薬草のことでした。
「樂」は小さく擦り潰す意味、また呪医が鈴を鳴らして邪霊を祓う意味があり、草を小さく擦り潰して治癒のために服用するものが「薬」だったようです。
この「薬」に「くすり」の平仮名をあてたのは「奇すし」と「擦り」、つまり霊妙あらたかなる「擦り潰したもの」に由来するのかもしれません。
薬缶(やかん)も本来は薬を煎じるもので、薬として日本に入ってきた茶をいれるものに変わっていったようです。薬玉(くすだま)も漢の時代に麝香や丁子、沈香などの生薬を袋に詰め5色に錦を垂らして邪気を払うものとして用いられたのが始まりです。

薬は、本来は病を治す艸(草)、薬草のことでした。
「樂」は小さく擦り潰す意味、また呪医が鈴を鳴らして邪霊を祓う意味があり、草を小さく擦り潰して治癒のために服用するものが「薬」だったようです。
この「薬」に「くすり」の平仮名をあてたのは「奇すし」と「擦り」、つまり霊妙あらたかなる「擦り潰したもの」に由来するのかもしれません。
薬缶(やかん)も本来は薬を煎じるもので、薬として日本に入ってきた茶をいれるものに変わっていったようです。薬玉(くすだま)も漢の時代に麝香や丁子、沈香などの生薬を袋に詰め5色に錦を垂らして邪気を払うものとして用いられたのが始まりです。

【正倉院保管の薬】

正倉院の宝物の中に薬があります。多くは756年光明皇后が東大寺の大仏に献納した物のようです。献納された60種類のうち、民衆のために持ち出されたものも多く今現在38種類が保管されています。大黄はタデ科植物の根から作るもので、便秘解消などに効く漢方薬、5色龍歯は象の歯の化石から造ったもので鎮静作用があります。
この中に毒性の強い雄黄(おおう)があります。殺菌、解毒目的で用いられ、毒性の強いヒ素を含みます。原料は鶏冠石という鉱物で、溶かして鋳型に流して加工。朽ちない鉱物は不変で、それらを体内に取り込むことで永遠の命が宿るという考えがあったようです。ヒ素や水銀化合物は、唐では不老不死薬とされましたが、服用した皇帝らは早世。日本の古墳に埋葬された人の毛髪からもヒ素が検出されています。
雄黄は、752年の大仏開眼供養会の前日、東大寺に収められたという記載が残ります。仏教では仏前供養の薬物に雄黄が用いられていたので、正倉院の雄黄も供物として使われた可能性があるようです。
正倉院の宝物の中に薬があります。多くは756年光明皇后が東大寺の大仏に献納した物のようです。献納された60種類のうち、民衆のために持ち出されたものも多く今現在38種類が保管されています。大黄はタデ科植物の根から作るもので、便秘解消などに効く漢方薬、5色龍歯は象の歯の化石から造ったもので鎮静作用があります。
この中に毒性の強い雄黄(おおう)があります。殺菌、解毒目的で用いられ、毒性の強いヒ素を含みます。原料は鶏冠石という鉱物で、溶かして鋳型に流して加工。朽ちない鉱物は不変で、それらを体内に取り込むことで永遠の命が宿るという考えがあったようです。ヒ素や水銀化合物は、唐では不老不死薬とされましたが、服用した皇帝らは早世。日本の古墳に埋葬された人の毛髪からもヒ素が検出されています。
雄黄は、752年の大仏開眼供養会の前日、東大寺に収められたという記載が残ります。仏教では仏前供養の薬物に雄黄が用いられていたので、正倉院の雄黄も供物として使われた可能性があるようです。

正倉院の宝物の中に薬があります。多くは756年光明皇后が東大寺の大仏に献納した物のようです。献納された60種類のうち、民衆のために持ち出されたものも多く今現在38種類が保管されています。大黄はタデ科植物の根から作るもので、便秘解消などに効く漢方薬、5色龍歯は象の歯の化石から造ったもので鎮静作用があります。
この中に毒性の強い雄黄(おおう)があります。殺菌、解毒目的で用いられ、毒性の強いヒ素を含みます。原料は鶏冠石という鉱物で、溶かして鋳型に流して加工。朽ちない鉱物は不変で、それらを体内に取り込むことで永遠の命が宿るという考えがあったようです。ヒ素や水銀化合物は、唐では不老不死薬とされましたが、服用した皇帝らは早世。日本の古墳に埋葬された人の毛髪からもヒ素が検出されています。
雄黄は、752年の大仏開眼供養会の前日、東大寺に収められたという記載が残ります。仏教では仏前供養の薬物に雄黄が用いられていたので、正倉院の雄黄も供物として使われた可能性があるようです。

【反魂丹と反魂旦】

薬と云えば越中富山の薬売りが有名です。今のように、薬局がなかった時代は、薬売りが一軒一軒の家を訪問し、足りない薬を補充してくれるシステムでした。
その時代を彷彿とさせるお菓子が反魂旦です。薬の反魂丹に因んで、金色の包装紙で包まれた薬玉を表現、チョコココア入りの生地で白手芒の漉し餡を包んだ一口サイズの焼饅頭。富山の薬売りが子供たちに配った昔懐かしい紙風船のおまけ入り。
このお菓子の元になった「反魂丹(はんごんたん)」は江戸時代に製造が始まった和漢薬で、胃腸障害に効用があります。この「丹」を「旦」に変えた富山銘菓が「反魂旦」。「反」は本来「返」なので、菓子でも薬でも、服すれば「魂が蘇る」という霊験あらたかな銘々です。
薬と云えば越中富山の薬売りが有名です。今のように、薬局がなかった時代は、薬売りが一軒一軒の家を訪問し、足りない薬を補充してくれるシステムでした。
その時代を彷彿とさせるお菓子が反魂旦です。薬の反魂丹に因んで、金色の包装紙で包まれた薬玉を表現、チョコココア入りの生地で白手芒の漉し餡を包んだ一口サイズの焼饅頭。富山の薬売りが子供たちに配った昔懐かしい紙風船のおまけ入り。
このお菓子の元になった「反魂丹(はんごんたん)」は江戸時代に製造が始まった和漢薬で、胃腸障害に効用があります。この「丹」を「旦」に変えた富山銘菓が「反魂旦」。「反」は本来「返」なので、菓子でも薬でも、服すれば「魂が蘇る」という霊験あらたかな銘々です。

薬と云えば越中富山の薬売りが有名です。今のように、薬局がなかった時代は、薬売りが一軒一軒の家を訪問し、足りない薬を補充してくれるシステムでした。
その時代を彷彿とさせるお菓子が反魂旦です。薬の反魂丹に因んで、金色の包装紙で包まれた薬玉を表現、チョコココア入りの生地で白手芒の漉し餡を包んだ一口サイズの焼饅頭。富山の薬売りが子供たちに配った昔懐かしい紙風船のおまけ入り。
このお菓子の元になった「反魂丹(はんごんたん)」は江戸時代に製造が始まった和漢薬で、胃腸障害に効用があります。この「丹」を「旦」に変えた富山銘菓が「反魂旦」。「反」は本来「返」なので、菓子でも薬でも、服すれば「魂が蘇る」という霊験あらたかな銘々です。

【反魂香】

死者を呼び戻す霊力を持つ「反魂香」は、焚くとその煙の中に死んだ者の姿が現れるという中国の伝説上の香。返魂香、去死香ともいい、楓に似た花と葉をもち、芳香を百里先にも放つという霊木・反魂樹から製造されると伝わります。
もとは中国の故事にあり、前漢の武帝は寵愛の后を亡くし悲しみに暮れていた時、泰山の方術士・李少君に霊薬を整えさせ、玉の釜で煎じて練り金の炉で焚き上げたところ、煙の中に亡き李夫人の姿が現れたというもの。
この説話は「漢書」「後素集」「東坡詩集註」に伝わり、武帝伝説は中唐の詩人である白居易の傾国の詩「李夫人詩」でもとりあげられ、それが「源氏物語」や「太平記」にも影響を及ぼし、日本にも反魂香伝説が定着していきます。
この死者への追慕、再会を願う思いは、後の時代の浄瑠璃や歌舞伎、読本(よみほん)の題材としても取り上げられ、涙を誘う物語に、あやかしの怨霊話に、コミカルな落語に転じていきます。
死者を呼び戻す霊力を持つ「反魂香」は、焚くとその煙の中に死んだ者の姿が現れるという中国の伝説上の香。返魂香、去死香ともいい、楓に似た花と葉をもち、芳香を百里先にも放つという霊木・反魂樹から製造されると伝わります。
もとは中国の故事にあり、前漢の武帝は寵愛の后を亡くし悲しみに暮れていた時、泰山の方術士・李少君に霊薬を整えさせ、玉の釜で煎じて練り金の炉で焚き上げたところ、煙の中に亡き李夫人の姿が現れたというもの。
この説話は「漢書」「後素集」「東坡詩集註」に伝わり、武帝伝説は中唐の詩人である白居易の傾国の詩「李夫人詩」でもとりあげられ、それが「源氏物語」や「太平記」にも影響を及ぼし、日本にも反魂香伝説が定着していきます。
この死者への追慕、再会を願う思いは、後の時代の浄瑠璃や歌舞伎、読本(よみほん)の題材としても取り上げられ、涙を誘う物語に、あやかしの怨霊話に、コミカルな落語に転じていきます。

死者を呼び戻す霊力を持つ「反魂香」は、焚くとその煙の中に死んだ者の姿が現れるという中国の伝説上の香。返魂香、去死香ともいい、楓に似た花と葉をもち、芳香を百里先にも放つという霊木・反魂樹から製造されると伝わります。
もとは中国の故事にあり、前漢の武帝は寵愛の后を亡くし悲しみに暮れていた時、泰山の方術士・李少君に霊薬を整えさせ、玉の釜で煎じて練り金の炉で焚き上げたところ、煙の中に亡き李夫人の姿が現れたというもの。
この説話は「漢書」「後素集」「東坡詩集註」に伝わり、武帝伝説は中唐の詩人である白居易の傾国の詩「李夫人詩」でもとりあげられ、それが「源氏物語」や「太平記」にも影響を及ぼし、日本にも反魂香伝説が定着していきます。
この死者への追慕、再会を願う思いは、後の時代の浄瑠璃や歌舞伎、読本(よみほん)の題材としても取り上げられ、涙を誘う物語に、あやかしの怨霊話に、コミカルな落語に転じていきます。

【煙の中から怨霊】

反魂香は元禄歌舞伎の代表作「けいせい浅間嶽」(元禄十一年正月、京都布袋屋初演) 諏訪家の御家騒動の狂言の中で、形を変えて取り入れられていきます。
諏訪家の若殿小笹巴之丞が家を追われ流浪の末、許婚音羽に巡り合い、愛人・傾城奥州と交わした起請(愛の誓いの証文)は無用と火鉢に投げ入れると、煙の中から奥州が現れ怨み言を言って消えていきます。この愛人の怨念の場面は大人気を博し、以後「煙の中に思う人の姿が現れる」=「反魂香」というイメージで、歌舞伎や浄瑠璃、浮世絵に取り入れられていきます。
反魂香は元禄歌舞伎の代表作「けいせい浅間嶽」(元禄十一年正月、京都布袋屋初演) 諏訪家の御家騒動の狂言の中で、形を変えて取り入れられていきます。
諏訪家の若殿小笹巴之丞が家を追われ流浪の末、許婚音羽に巡り合い、愛人・傾城奥州と交わした起請(愛の誓いの証文)は無用と火鉢に投げ入れると、煙の中から奥州が現れ怨み言を言って消えていきます。この愛人の怨念の場面は大人気を博し、以後「煙の中に思う人の姿が現れる」=「反魂香」というイメージで、歌舞伎や浄瑠璃、浮世絵に取り入れられていきます。

反魂香は元禄歌舞伎の代表作「けいせい浅間嶽」(元禄十一年正月、京都布袋屋初演) 諏訪家の御家騒動の狂言の中で、形を変えて取り入れられていきます。
諏訪家の若殿小笹巴之丞が家を追われ流浪の末、許婚音羽に巡り合い、愛人・傾城奥州と交わした起請(愛の誓いの証文)は無用と火鉢に投げ入れると、煙の中から奥州が現れ怨み言を言って消えていきます。この愛人の怨念の場面は大人気を博し、以後「煙の中に思う人の姿が現れる」=「反魂香」というイメージで、歌舞伎や浄瑠璃、浮世絵に取り入れられていきます。

【落語「反魂香」】

主人公の八五郎は、同じ長屋に住む坊主の所から夜中に鐘を叩く音が聞こえるのでやめてくれと掛け合いに行きます。すると、坊主は愛する人を亡くし、その人との約束で反魂香を焚きながら回向をしていると言います。実際に坊主が反魂香を焚くと、その愛する人の姿が煙の中に出現。これを見た八五郎、自分も数年前に女房を亡くしており反魂香を分けてくれと願い出ますが、この香は私と愛する人の物だからと断られてしまいます。そこで八五郎はこの香を探しに行きます。しかし、肝心のお香の名前を忘れてしまいます。うろ覚えで、越中富山の「反魂丹」(胃痛・腹痛の薬)を買い求め、これを長屋で大量にモクモク焚いてしまいます。すると、隣のかかあが煙いので、憤怒の様相で煙の中から現れた!というオチです。
主人公の八五郎は、同じ長屋に住む坊主の所から夜中に鐘を叩く音が聞こえるのでやめてくれと掛け合いに行きます。すると、坊主は愛する人を亡くし、その人との約束で反魂香を焚きながら回向をしていると言います。実際に坊主が反魂香を焚くと、その愛する人の姿が煙の中に出現。これを見た八五郎、自分も数年前に女房を亡くしており反魂香を分けてくれと願い出ますが、この香は私と愛する人の物だからと断られてしまいます。そこで八五郎はこの香を探しに行きます。しかし、肝心のお香の名前を忘れてしまいます。うろ覚えで、越中富山の「反魂丹」(胃痛・腹痛の薬)を買い求め、これを長屋で大量にモクモク焚いてしまいます。すると、隣のかかあが煙いので、憤怒の様相で煙の中から現れた!というオチです。

主人公の八五郎は、同じ長屋に住む坊主の所から夜中に鐘を叩く音が聞こえるのでやめてくれと掛け合いに行きます。すると、坊主は愛する人を亡くし、その人との約束で反魂香を焚きながら回向をしていると言います。実際に坊主が反魂香を焚くと、その愛する人の姿が煙の中に出現。これを見た八五郎、自分も数年前に女房を亡くしており反魂香を分けてくれと願い出ますが、この香は私と愛する人の物だからと断られてしまいます。そこで八五郎はこの香を探しに行きます。しかし、肝心のお香の名前を忘れてしまいます。うろ覚えで、越中富山の「反魂丹」(胃痛・腹痛の薬)を買い求め、これを長屋で大量にモクモク焚いてしまいます。すると、隣のかかあが煙いので、憤怒の様相で煙の中から現れた!というオチです。

【神農祭り】

大阪、老舗の薬屋が軒を連ねる界隈に、日本医薬の祖神・大国主命に協力した国造りの神・ 酒神、多彩な能力を持つ少彦名命(すくなひこなのみこと)と、百草を嘗めて効能を確かめ医薬と農耕を諸人に教えた神農炎帝(中国医薬の祖神)ご祭神とする「少名彦神社」があります。
薬は人命に関わるもので、その吟味は大変難しいものがあり、神のご加護によって職務を正しく遂行しようと、安永9(1780)年京都の五條天神より少彦名命をお招きし、神農炎帝王とともにお祀りしたのが始まりです。
大阪、老舗の薬屋が軒を連ねる界隈に、日本医薬の祖神・大国主命に協力した国造りの神・ 酒神、多彩な能力を持つ少彦名命(すくなひこなのみこと)と、百草を嘗めて効能を確かめ医薬と農耕を諸人に教えた神農炎帝(中国医薬の祖神)ご祭神とする「少名彦神社」があります。
薬は人命に関わるもので、その吟味は大変難しいものがあり、神のご加護によって職務を正しく遂行しようと、安永9(1780)年京都の五條天神より少彦名命をお招きし、神農炎帝王とともにお祀りしたのが始まりです。

大阪、老舗の薬屋が軒を連ねる界隈に、日本医薬の祖神・大国主命に協力した国造りの神・ 酒神、多彩な能力を持つ少彦名命(すくなひこなのみこと)と、百草を嘗めて効能を確かめ医薬と農耕を諸人に教えた神農炎帝(中国医薬の祖神)ご祭神とする「少名彦神社」があります。
薬は人命に関わるもので、その吟味は大変難しいものがあり、神のご加護によって職務を正しく遂行しようと、安永9(1780)年京都の五條天神より少彦名命をお招きし、神農炎帝王とともにお祀りしたのが始まりです。

冬至(現在では11月22日、23日)に大阪市無形文化財・神農祭という薬の神様を祀る行事が行われます。
神農祭では、1822年コレラが流行した際に薬種仲間が病除けの薬として「虎頭殺鬼雄黄圓」(ことうさっきうおうえん)という丸薬を作り「神虎」(張子の虎)の御守と一緒に神前祈願の後施与したことにならい、今も五葉笹に少彦名神社の御札をつけた張子の虎を、家内安全無病息災の御守として参拝者に授与しています。
コロナ騒動でもこちらの神社は、多くの人の願いを神様に届けようと、参拝可能にして下さっています。
冬至(現在では11月22日、23日)に大阪市無形文化財・神農祭という薬の神様を祀る行事が行われます。
神農祭では、1822年コレラが流行した際に薬種仲間が病除けの薬として「虎頭殺鬼雄黄圓」(ことうさっきうおうえん)という丸薬を作り「神虎」(張子の虎)の御守と一緒に神前祈願の後施与したことにならい、今も五葉笹に少彦名神社の御札をつけた張子の虎を、家内安全無病息災の御守として参拝者に授与しています。
コロナ騒動でもこちらの神社は、多くの人の願いを神様に届けようと、参拝可能にして下さっています。

冬至(現在では11月22日、23日)に大阪市無形文化財・神農祭という薬の神様を祀る行事が行われます。
神農祭では、1822年コレラが流行した際に薬種仲間が病除けの薬として「虎頭殺鬼雄黄圓」(ことうさっきうおうえん)という丸薬を作り「神虎」(張子の虎)の御守と一緒に神前祈願の後施与したことにならい、今も五葉笹に少彦名神社の御札をつけた張子の虎を、家内安全無病息災の御守として参拝者に授与しています。
コロナ騒動でもこちらの神社は、多くの人の願いを神様に届けようと、参拝可能にして下さっています。

【疫病退散「あまびえ&あまびこ」】

挿絵に描かれた「アマビエ」は半人半魚の姿。「アマビコ 尼彦・あま彦・天彦・天日子・海彦・尼彦入道・天彦入道」は、頭からいきなり3本の足が生えた(胴体のない)形状で、人間のような耳をし、目はまるく、口が突出している。

いずれも光輝く姿で海中から出現、豊作や疫病の予言をすると伝えられる。その姿を写した絵による除災、3本以上の鰭ないし足による直立という外見などが共通、両者とも同種と考えられる。

「アマビエ」は目撃記録が一つしかなく、名の意味が不明であることから「アマビコ」という同種の妖怪の誤記説が囁かれる。(※アマビコの史料は、肥後国(熊本県)に出現4件、日向国(宮崎県)の「尼彦入道」が1件、越後国に出現した2件が残る。)

毎夜、海中に光る物体が出没していたため、役人が赴いたところ「海中に住むアマビエと申す者なり。当年より6ヶ年の間は諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ」と予言めいたことを告げ、海の中へ姿を現します。
一方「アマビコ」は、その年中に日本人口の7割の死滅を予言し、「私の姿を見る者は無病長寿、早々にこのことを全国に広めよ」とその像の絵札による救済を告げています。
挿絵に描かれた「アマビエ」は半人半魚の姿。「アマビコ 尼彦・あま彦・天彦・天日子・海彦・尼彦入道・天彦入道」は、頭からいきなり3本の足が生えた(胴体のない)形状で、人間のような耳をし、目はまるく、口が突出している。

いずれも光輝く姿で海中から出現、豊作や疫病の予言をすると伝えられる。その姿を写した絵による除災、3本以上の鰭ないし足による直立という外見などが共通、両者とも同種と考えられる。

「アマビエ」は目撃記録が一つしかなく、名の意味が不明であることから「アマビコ」という同種の妖怪の誤記説が囁かれる。(※アマビコの史料は、肥後国(熊本県)に出現4件、日向国(宮崎県)の「尼彦入道」が1件、越後国に出現した2件が残る。)

毎夜、海中に光る物体が出没していたため、役人が赴いたところ「海中に住むアマビエと申す者なり。当年より6ヶ年の間は諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ」と予言めいたことを告げ、海の中へ姿を現します。
一方「アマビコ」は、その年中に日本人口の7割の死滅を予言し、「私の姿を見る者は無病長寿、早々にこのことを全国に広めよ」とその像の絵札による救済を告げています。

挿絵に描かれた「アマビエ」は半人半魚の姿。「アマビコ 尼彦・あま彦・天彦・天日子・海彦・尼彦入道・天彦入道」は、頭からいきなり3本の足が生えた(胴体のない)形状で、人間のような耳をし、目はまるく、口が突出している。

いずれも光輝く姿で海中から出現、豊作や疫病の予言をすると伝えられる。その姿を写した絵による除災、3本以上の鰭ないし足による直立という外見などが共通、両者とも同種と考えられる。

「アマビエ」は目撃記録が一つしかなく、名の意味が不明であることから「アマビコ」という同種の妖怪の誤記説が囁かれる。(※アマビコの史料は、肥後国(熊本県)に出現4件、日向国(宮崎県)の「尼彦入道」が1件、越後国に出現した2件が残る。)

毎夜、海中に光る物体が出没していたため、役人が赴いたところ「海中に住むアマビエと申す者なり。当年より6ヶ年の間は諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ」と予言めいたことを告げ、海の中へ姿を現します。
一方「アマビコ」は、その年中に日本人口の7割の死滅を予言し、「私の姿を見る者は無病長寿、早々にこのことを全国に広めよ」とその像の絵札による救済を告げています。

ならば、疫病発生時に頼むべきは、御利益の明言を避けた「アマビエ」ではなく「アマビコ」の方!という見方もあるようですが、落ち着きどころは、こちら。
石黒亜矢子さんという絵本作家がお描かきになったもの。お二人に力を合わせて頂ければ百人力ですね。護符として持っていたい♫、という声が多くあがりました。
いずれにせよ「アマビコ」「アマビエ」の流行は、天保・安政・明治に続いて今回の令和が4回目になります。
ならば、疫病発生時に頼むべきは、御利益の明言を避けた「アマビエ」ではなく「アマビコ」の方!という見方もあるようですが、落ち着きどころは、こちら。
石黒亜矢子さんという絵本作家がお描かきになったもの。お二人に力を合わせて頂ければ百人力ですね。護符として持っていたい♫、という声が多くあがりました。
いずれにせよ「アマビコ」「アマビエ」の流行は、天保・安政・明治に続いて今回の令和が4回目になります。

ならば、疫病発生時に頼むべきは、御利益の明言を避けた「アマビエ」ではなく「アマビコ」の方!という見方もあるようですが、落ち着きどころは、こちら。
石黒亜矢子さんという絵本作家がお描かきになったもの。お二人に力を合わせて頂ければ百人力ですね。護符として持っていたい♫、という声が多くあがりました。
いずれにせよ「アマビコ」「アマビエ」の流行は、天保・安政・明治に続いて今回の令和が4回目になります。

【アマビエグッズ】

この人魚に似たアマビエさん、コロナ後、インターネット上の人気物、厚生労働省による新型コロナ啓発のアイコンにもなり、各地で神出鬼没中…。
いまや、お札からお守り、Tシャツ、マスク、あらゆるアマビエが販売されています。

こちらの「アマビエ飴(あめ)」、東京都台東区の老舗あめ店「金太郎飴本店」が発売、アマビエが海から来たことにちなんだ水色のソーダ味。初めて作った時は三島神社(下谷3)で祈禱して頂いたとか…。 ゲン担ぎの江戸っ子気質に受けたようで、1カ月足らずで大変な売り上げだとか…。確かに個包装なので、コロナ疲れの職場の皆様へのバラ蒔き菓子に最適です。
この人魚に似たアマビエさん、コロナ後、インターネット上の人気物、厚生労働省による新型コロナ啓発のアイコンにもなり、各地で神出鬼没中…。
いまや、お札からお守り、Tシャツ、マスク、あらゆるアマビエが販売されています。

こちらの「アマビエ飴(あめ)」、東京都台東区の老舗あめ店「金太郎飴本店」が発売、アマビエが海から来たことにちなんだ水色のソーダ味。初めて作った時は三島神社(下谷3)で祈禱して頂いたとか…。 ゲン担ぎの江戸っ子気質に受けたようで、1カ月足らずで大変な売り上げだとか…。確かに個包装なので、コロナ疲れの職場の皆様へのバラ蒔き菓子に最適です。

この人魚に似たアマビエさん、コロナ後、インターネット上の人気物、厚生労働省による新型コロナ啓発のアイコンにもなり、各地で神出鬼没中…。
いまや、お札からお守り、Tシャツ、マスク、あらゆるアマビエが販売されています。

こちらの「アマビエ飴(あめ)」、東京都台東区の老舗あめ店「金太郎飴本店」が発売、アマビエが海から来たことにちなんだ水色のソーダ味。初めて作った時は三島神社(下谷3)で祈禱して頂いたとか…。 ゲン担ぎの江戸っ子気質に受けたようで、1カ月足らずで大変な売り上げだとか…。確かに個包装なので、コロナ疲れの職場の皆様へのバラ蒔き菓子に最適です。

こちらは「アマビエ鉄玉」、鉄分を補給してコロナに負けない身体づくりを…、ということでしょうか。
鉄分不足なので鉄瓶でお湯を沸かしたい。でも、鉄って錆びるから手入れが面倒…。そんな消費者の皆さんのお悩みをクリアしたのが、こちら!鉄玉という発想。
これならヤカンも鍋も選ばず、ポンと入れるだけで、楽ちん♪ しかもアマビエデザインなら、百人力!
釘の代わりにぬか床に入れたり、お正月の黒豆を煮る時も活躍してくれそうです。
こちらは「アマビエ鉄玉」、鉄分を補給してコロナに負けない身体づくりを…、ということでしょうか。
鉄分不足なので鉄瓶でお湯を沸かしたい。でも、鉄って錆びるから手入れが面倒…。そんな消費者の皆さんのお悩みをクリアしたのが、こちら!鉄玉という発想。
これならヤカンも鍋も選ばず、ポンと入れるだけで、楽ちん♪ しかもアマビエデザインなら、百人力!
釘の代わりにぬか床に入れたり、お正月の黒豆を煮る時も活躍してくれそうです。

こちらは「アマビエ鉄玉」、鉄分を補給してコロナに負けない身体づくりを…、ということでしょうか。
鉄分不足なので鉄瓶でお湯を沸かしたい。でも、鉄って錆びるから手入れが面倒…。そんな消費者の皆さんのお悩みをクリアしたのが、こちら!鉄玉という発想。
これならヤカンも鍋も選ばず、ポンと入れるだけで、楽ちん♪ しかもアマビエデザインなら、百人力!
釘の代わりにぬか床に入れたり、お正月の黒豆を煮る時も活躍してくれそうです。

この記事のタグ :