縁結びの地・奥出雲で採れた天然水「仁多水(じんおおすい)」の公式ネットショップ

奥出雲の水「仁多水」

アクア:シマノシステム直営の公式ネットショップです。

  • ホーム
  • 商品一覧
  • 仁多水
  • 美味しさの秘密
  • 採水地「奥出雲」の自然
  • TSUNAGU

水は全て繋ぐ

2018年11月

 厚地の洋服や暖房器具を出し、冬の準備を始める時期です。山間部では、ひと冬越す薪の準備は終わった頃なのかもしれません。
収穫した果物でジャムを作ったり、野菜でソースや漬物を作るのも、この11月かもしれません。凍てつく冬の間、野菜不足にならないように、また不要な外出を控える為に、保存食作りに精を出したのは、自然の理に叶ったことでした。
 数か月分の保存食作りは面倒に思われるかもしれませんが、まとめてやれば、さほど苦にはなりません。また、この時期、煮炊きで火を使うと部屋が温まり、一石二鳥です。

 保存食を仕込んでいる間の休憩には、味覚に影響を及ぼさない甘い物や、身体がポカポカ温まる物を口にしたいものです。
 厚地の洋服や暖房器具を出し、冬の準備を始める時期です。山間部では、ひと冬越す薪の準備は終わった頃なのかもしれません。
収穫した果物でジャムを作ったり、野菜でソースや漬物を作るのも、この11月かもしれません。凍てつく冬の間、野菜不足にならないように、また不要な外出を控える為に、保存食作りに精を出したのは、自然の理に叶ったことでした。
 数か月分の保存食作りは面倒に思われるかもしれませんが、まとめてやれば、さほど苦にはなりません。また、この時期、煮炊きで火を使うと部屋が温まり、一石二鳥です。

 保存食を仕込んでいる間の休憩には、味覚に影響を及ぼさない甘い物や、身体がポカポカ温まる物を口にしたいものです。

 厚地の洋服や暖房器具を出し、冬の準備を始める時期です。山間部では、ひと冬越す薪の準備は終わった頃なのかもしれません。
収穫した果物でジャムを作ったり、野菜でソースや漬物を作るのも、この11月かもしれません。凍てつく冬の間、野菜不足にならないように、また不要な外出を控える為に、保存食作りに精を出したのは、自然の理に叶ったことでした。
 数か月分の保存食作りは面倒に思われるかもしれませんが、まとめてやれば、さほど苦にはなりません。また、この時期、煮炊きで火を使うと部屋が温まり、一石二鳥です。

 保存食を仕込んでいる間の休憩には、味覚に影響を及ぼさない甘い物や、身体がポカポカ温まる物を口にしたいものです。

■萩市 石川果樹園 ぶどうジャム

 ぶどう狩りもできる山口県萩市・石川果樹園のジャムは疲れた時、少し口にするだけで元気が蘇る、ポリフェノールたっぷりの、自然の力が詰まった美味しさです。
ジャム作りのお手本にもなるので、この味を目指して、手作りジャムに挑戦してみては如何ですか?

 トーストには英国のジャム、アップルパイにはフランスのアプリコットジャムなど、皆さん、海外のお気に入りジャムを既にお持ちだと思います。
でも、こちらは、世界の美食家が推奨するジャムとは、一線を画した美味しさです

 オールドノリタケのような陶磁器を思わせる日本のジャムとでも表現したらいいのでしょうか。まさに、ぶどうを食べている感じ。
自然の味を繊細に引き出した日本的な美味しさで、そのままの味を堪能したくなるジャムです。絶妙な甘さの黄金比で、自然以上に深い自然の恵みに仕上がっています。

 脇役にするには忍びなく、このジャムが主役になるサムシングを探してみましたが、本当に美味しいものは、そのまま食べましょう…。デザート代わりに、半分は軽くイケます。 

 外界を遮断し自然を制してきた西洋の石の文化とは異なり、私達は木や紙を用いた家屋に暮らし、障子や縁側越しに四季折々の移ろいを肌で感じ、自然と共に暮らす文化を培ってきた民族です。
その感覚は食文化にも反映され、自然を敬い、食材を慈しみ、その個性を最大限に引き出すことに心を砕いてきた和食に通じるような、まさに日本のジャム、ここにあり! といった感です。
 ぶどう狩りもできる山口県萩市・石川果樹園のジャムは疲れた時、少し口にするだけで元気が蘇る、ポリフェノールたっぷりの、自然の力が詰まった美味しさです。
ジャム作りのお手本にもなるので、この味を目指して、手作りジャムに挑戦してみては如何ですか?

 トーストには英国のジャム、アップルパイにはフランスのアプリコットジャムなど、皆さん、海外のお気に入りジャムを既にお持ちだと思います。
でも、こちらは、世界の美食家が推奨するジャムとは、一線を画した美味しさです

 オールドノリタケのような陶磁器を思わせる日本のジャムとでも表現したらいいのでしょうか。まさに、ぶどうを食べている感じ。
自然の味を繊細に引き出した日本的な美味しさで、そのままの味を堪能したくなるジャムです。絶妙な甘さの黄金比で、自然以上に深い自然の恵みに仕上がっています。

 脇役にするには忍びなく、このジャムが主役になるサムシングを探してみましたが、本当に美味しいものは、そのまま食べましょう…。デザート代わりに、半分は軽くイケます。 

 外界を遮断し自然を制してきた西洋の石の文化とは異なり、私達は木や紙を用いた家屋に暮らし、障子や縁側越しに四季折々の移ろいを肌で感じ、自然と共に暮らす文化を培ってきた民族です。
その感覚は食文化にも反映され、自然を敬い、食材を慈しみ、その個性を最大限に引き出すことに心を砕いてきた和食に通じるような、まさに日本のジャム、ここにあり! といった感です。

 ぶどう狩りもできる山口県萩市・石川果樹園のジャムは疲れた時、少し口にするだけで元気が蘇る、ポリフェノールたっぷりの、自然の力が詰まった美味しさです。
ジャム作りのお手本にもなるので、この味を目指して、手作りジャムに挑戦してみては如何ですか?

 トーストには英国のジャム、アップルパイにはフランスのアプリコットジャムなど、皆さん、海外のお気に入りジャムを既にお持ちだと思います。
でも、こちらは、世界の美食家が推奨するジャムとは、一線を画した美味しさです

 オールドノリタケのような陶磁器を思わせる日本のジャムとでも表現したらいいのでしょうか。まさに、ぶどうを食べている感じ。
自然の味を繊細に引き出した日本的な美味しさで、そのままの味を堪能したくなるジャムです。絶妙な甘さの黄金比で、自然以上に深い自然の恵みに仕上がっています。

 脇役にするには忍びなく、このジャムが主役になるサムシングを探してみましたが、本当に美味しいものは、そのまま食べましょう…。デザート代わりに、半分は軽くイケます。 

 外界を遮断し自然を制してきた西洋の石の文化とは異なり、私達は木や紙を用いた家屋に暮らし、障子や縁側越しに四季折々の移ろいを肌で感じ、自然と共に暮らす文化を培ってきた民族です。
その感覚は食文化にも反映され、自然を敬い、食材を慈しみ、その個性を最大限に引き出すことに心を砕いてきた和食に通じるような、まさに日本のジャム、ここにあり! といった感です。

■大阪市 うどんや風一夜薬本舗 しょうが飴

 歯に悪いからと、敬遠されることの多い飴。長時間、口の中にあるから、悪役になるのでしょうか。でも、保存食作りとか、ミシンや縫い物の最中、手軽に気分転換できるアイテムです。

 うどんや風一夜薬本舗という不思議な名前は、「うどん屋」にある「風(かぜ)」が「一夜」で治る「薬」を、明治九年の大阪で販売したことに由来します。
 当時の大阪は、至る所にうどん屋があり。うどんは消化がよく体が温まり出汁も栄養満点な庶民のファーストフードでした。
 風邪を引くと、うどん屋に駆け込んで、アツアツのうどんを食べ、「うどんや風一夜薬」を飲んで、一晩ぐっすり眠ることが養生の基本と考え、風邪薬はうどん屋で売られていました。
(*関東では同じ薬が「そばや風一夜薬本舗」と名前を変えて、蕎麦屋で販売されていました)

 その歴史ある製薬会社が、生姜味の「うどんや風一夜薬」伝承の製法で、生姜の旨みを練り込んだ「しょうが飴」を製造しました。見ただけでも効果がありそうな医食同源を思わせるパッケージ。風邪の予防や風邪のひき始め、喉を大切にされる方、暑気祓いにもよさそうです。「辛味絶佳」「中辛」、「薄荷しょうが飴」和漢食材の桔梗・桂皮・花梨を加えた「のど しょうが飴」、種類も豊富にあるので、お好みを探してみて下さい。
 歯に悪いからと、敬遠されることの多い飴。長時間、口の中にあるから、悪役になるのでしょうか。でも、保存食作りとか、ミシンや縫い物の最中、手軽に気分転換できるアイテムです。

 うどんや風一夜薬本舗という不思議な名前は、「うどん屋」にある「風(かぜ)」が「一夜」で治る「薬」を、明治九年の大阪で販売したことに由来します。
 当時の大阪は、至る所にうどん屋があり。うどんは消化がよく体が温まり出汁も栄養満点な庶民のファーストフードでした。
 風邪を引くと、うどん屋に駆け込んで、アツアツのうどんを食べ、「うどんや風一夜薬」を飲んで、一晩ぐっすり眠ることが養生の基本と考え、風邪薬はうどん屋で売られていました。
(*関東では同じ薬が「そばや風一夜薬本舗」と名前を変えて、蕎麦屋で販売されていました)

 その歴史ある製薬会社が、生姜味の「うどんや風一夜薬」伝承の製法で、生姜の旨みを練り込んだ「しょうが飴」を製造しました。見ただけでも効果がありそうな医食同源を思わせるパッケージ。風邪の予防や風邪のひき始め、喉を大切にされる方、暑気祓いにもよさそうです。「辛味絶佳」「中辛」、「薄荷しょうが飴」和漢食材の桔梗・桂皮・花梨を加えた「のど しょうが飴」、種類も豊富にあるので、お好みを探してみて下さい。

 歯に悪いからと、敬遠されることの多い飴。長時間、口の中にあるから、悪役になるのでしょうか。でも、保存食作りとか、ミシンや縫い物の最中、手軽に気分転換できるアイテムです。

 うどんや風一夜薬本舗という不思議な名前は、「うどん屋」にある「風(かぜ)」が「一夜」で治る「薬」を、明治九年の大阪で販売したことに由来します。
 当時の大阪は、至る所にうどん屋があり。うどんは消化がよく体が温まり出汁も栄養満点な庶民のファーストフードでした。
 風邪を引くと、うどん屋に駆け込んで、アツアツのうどんを食べ、「うどんや風一夜薬」を飲んで、一晩ぐっすり眠ることが養生の基本と考え、風邪薬はうどん屋で売られていました。
(*関東では同じ薬が「そばや風一夜薬本舗」と名前を変えて、蕎麦屋で販売されていました)

 その歴史ある製薬会社が、生姜味の「うどんや風一夜薬」伝承の製法で、生姜の旨みを練り込んだ「しょうが飴」を製造しました。見ただけでも効果がありそうな医食同源を思わせるパッケージ。風邪の予防や風邪のひき始め、喉を大切にされる方、暑気祓いにもよさそうです。「辛味絶佳」「中辛」、「薄荷しょうが飴」和漢食材の桔梗・桂皮・花梨を加えた「のど しょうが飴」、種類も豊富にあるので、お好みを探してみて下さい。

■浜松市 トリイソースの「ジンジャーシロップ」

 秋から冬は、白湯割りのホットジンジャー、温めた牛乳で割ってミルクジンジャー。暑い季節は、シロップ1炭酸水3で割ってジンジャーエール、もしくは、そのままかき氷にかけても美味しい、一年中、大活躍のシロップです。
 農薬を使わない金時、三州、大生姜の3種の生姜をブレンドし、薬膳として、生姜を引き立たせるスパイスを使用し、口当たりをなめらかに仕上げる為に石臼ですりおろしているという拘りの逸品です。美味しいものは、やはり、手間と愛がこもっているから、美味しいのですね。
 秋から冬は、白湯割りのホットジンジャー、温めた牛乳で割ってミルクジンジャー。暑い季節は、シロップ1炭酸水3で割ってジンジャーエール、もしくは、そのままかき氷にかけても美味しい、一年中、大活躍のシロップです。
 農薬を使わない金時、三州、大生姜の3種の生姜をブレンドし、薬膳として、生姜を引き立たせるスパイスを使用し、口当たりをなめらかに仕上げる為に石臼ですりおろしているという拘りの逸品です。美味しいものは、やはり、手間と愛がこもっているから、美味しいのですね。

 秋から冬は、白湯割りのホットジンジャー、温めた牛乳で割ってミルクジンジャー。暑い季節は、シロップ1炭酸水3で割ってジンジャーエール、もしくは、そのままかき氷にかけても美味しい、一年中、大活躍のシロップです。
 農薬を使わない金時、三州、大生姜の3種の生姜をブレンドし、薬膳として、生姜を引き立たせるスパイスを使用し、口当たりをなめらかに仕上げる為に石臼ですりおろしているという拘りの逸品です。美味しいものは、やはり、手間と愛がこもっているから、美味しいのですね。

■トリイソース 中濃ソース

 日中、保存食を作って、台所仕事で忙しかった日は、瞬く間に見栄えのする夕食が作れる万能ソースを準備しておくと便利です。
「すりおろしの玉ねぎ」「中濃ソース」「ケチャップ」を合わせて瓶に詰めておけば、長期保存が可能で、簡単に、美味しいポークチョップが楽しめます。玉ねぎの特売の時にでも、試してみて下さい。

 使い方は簡単。豚肉を焼く10分前くらいに、万能ソースをお肉にまぶすだけ。焼いている途中で、「中濃ソース」と「ケチャップ」を加えて、最後に味を整えます。付け合わせはキャベツ。野菜も美味しくモリモリ食べられるので、最近、野菜不足かな?という方にもお薦めです。
 
 市販の中濃ソースでも作れますが、入手できるなら、大正13年創業・浜松の「トリイソース」で作ってみてください。格段に味が違うのを感じます。家庭の味が高級レストランの味に瞬く間に格上げされ、素材に正直に丁寧に作られた調味料の底光りするような美味しさを体感できます。
打出の小槌の商標も縁起がよさそうですから、快気祝いなどの贈り物や、お歳暮、お年賀のご挨拶にもお薦めです。
 日中、保存食を作って、台所仕事で忙しかった日は、瞬く間に見栄えのする夕食が作れる万能ソースを準備しておくと便利です。
「すりおろしの玉ねぎ」「中濃ソース」「ケチャップ」を合わせて瓶に詰めておけば、長期保存が可能で、簡単に、美味しいポークチョップが楽しめます。玉ねぎの特売の時にでも、試してみて下さい。

 使い方は簡単。豚肉を焼く10分前くらいに、万能ソースをお肉にまぶすだけ。焼いている途中で、「中濃ソース」と「ケチャップ」を加えて、最後に味を整えます。付け合わせはキャベツ。野菜も美味しくモリモリ食べられるので、最近、野菜不足かな?という方にもお薦めです。
 
 市販の中濃ソースでも作れますが、入手できるなら、大正13年創業・浜松の「トリイソース」で作ってみてください。格段に味が違うのを感じます。家庭の味が高級レストランの味に瞬く間に格上げされ、素材に正直に丁寧に作られた調味料の底光りするような美味しさを体感できます。
打出の小槌の商標も縁起がよさそうですから、快気祝いなどの贈り物や、お歳暮、お年賀のご挨拶にもお薦めです。

 日中、保存食を作って、台所仕事で忙しかった日は、瞬く間に見栄えのする夕食が作れる万能ソースを準備しておくと便利です。
「すりおろしの玉ねぎ」「中濃ソース」「ケチャップ」を合わせて瓶に詰めておけば、長期保存が可能で、簡単に、美味しいポークチョップが楽しめます。玉ねぎの特売の時にでも、試してみて下さい。

 使い方は簡単。豚肉を焼く10分前くらいに、万能ソースをお肉にまぶすだけ。焼いている途中で、「中濃ソース」と「ケチャップ」を加えて、最後に味を整えます。付け合わせはキャベツ。野菜も美味しくモリモリ食べられるので、最近、野菜不足かな?という方にもお薦めです。
 
 市販の中濃ソースでも作れますが、入手できるなら、大正13年創業・浜松の「トリイソース」で作ってみてください。格段に味が違うのを感じます。家庭の味が高級レストランの味に瞬く間に格上げされ、素材に正直に丁寧に作られた調味料の底光りするような美味しさを体感できます。
打出の小槌の商標も縁起がよさそうですから、快気祝いなどの贈り物や、お歳暮、お年賀のご挨拶にもお薦めです。

■牛蒡の味噌付け

 牛蒡と味噌は相性が良い食材ですが、牛蒡の味噌漬けは、簡単に家で作れる一品です。泥を洗い、皮に包丁の刃をあてて下処理した牛蒡を丸ごと叩いて細切り。水気を拭いて適当な長さに切って味噌に漬けるだけ。水分の少ない野菜だからできる漬け方で、翌日から楽しめます。味噌はそのままお味噌汁に使えます。味噌を使い切るまで入れておいた牛蒡も美味しくいただけますので、年末、年始の多忙な時期に、嬉しいはず。しかも、漬けてある味噌に牛蒡の香りが移り、味噌汁も美味しくなる一挙両得ですから、ぜひ試してみて下さい。

 糠漬けは、毎日掻き回さないといけないので、夏場や多忙な時、長期間の留守に駄目にしてしまった方もおられるでしょう。風の道のない現代家屋は密閉度が高く、台所が北にあるとも限りませんから、糠漬けにはあまり適さないようです。けれど、こちらは失敗なしの簡単漬物ですから、漬物作りを敬遠してきた方にもお薦めです。

*にんにく・青唐辛子も、ガラス瓶に入れた味噌に漬ければ、3日後から食べられます。細かく刻んで、シンプルに焼いた肉や魚に添えると美味。こちらも、味噌を使い切るまで、長期間楽しめます。

*胡瓜、人参、大根など、水分の多い野菜は塩で水気を出して拭き取ってから味噌床に一晩漬けます。あまり日持ちはしないので、大人数が集まる時に漬けてみて下さい。野菜を漬けた後は、魚や肉を漬けて楽しみ、最後の味噌は味噌炒めに使うと無駄なしです。
 牛蒡と味噌は相性が良い食材ですが、牛蒡の味噌漬けは、簡単に家で作れる一品です。泥を洗い、皮に包丁の刃をあてて下処理した牛蒡を丸ごと叩いて細切り。水気を拭いて適当な長さに切って味噌に漬けるだけ。水分の少ない野菜だからできる漬け方で、翌日から楽しめます。味噌はそのままお味噌汁に使えます。味噌を使い切るまで入れておいた牛蒡も美味しくいただけますので、年末、年始の多忙な時期に、嬉しいはず。しかも、漬けてある味噌に牛蒡の香りが移り、味噌汁も美味しくなる一挙両得ですから、ぜひ試してみて下さい。

 糠漬けは、毎日掻き回さないといけないので、夏場や多忙な時、長期間の留守に駄目にしてしまった方もおられるでしょう。風の道のない現代家屋は密閉度が高く、台所が北にあるとも限りませんから、糠漬けにはあまり適さないようです。けれど、こちらは失敗なしの簡単漬物ですから、漬物作りを敬遠してきた方にもお薦めです。

*にんにく・青唐辛子も、ガラス瓶に入れた味噌に漬ければ、3日後から食べられます。細かく刻んで、シンプルに焼いた肉や魚に添えると美味。こちらも、味噌を使い切るまで、長期間楽しめます。

*胡瓜、人参、大根など、水分の多い野菜は塩で水気を出して拭き取ってから味噌床に一晩漬けます。あまり日持ちはしないので、大人数が集まる時に漬けてみて下さい。野菜を漬けた後は、魚や肉を漬けて楽しみ、最後の味噌は味噌炒めに使うと無駄なしです。

 牛蒡と味噌は相性が良い食材ですが、牛蒡の味噌漬けは、簡単に家で作れる一品です。泥を洗い、皮に包丁の刃をあてて下処理した牛蒡を丸ごと叩いて細切り。水気を拭いて適当な長さに切って味噌に漬けるだけ。水分の少ない野菜だからできる漬け方で、翌日から楽しめます。味噌はそのままお味噌汁に使えます。味噌を使い切るまで入れておいた牛蒡も美味しくいただけますので、年末、年始の多忙な時期に、嬉しいはず。しかも、漬けてある味噌に牛蒡の香りが移り、味噌汁も美味しくなる一挙両得ですから、ぜひ試してみて下さい。

 糠漬けは、毎日掻き回さないといけないので、夏場や多忙な時、長期間の留守に駄目にしてしまった方もおられるでしょう。風の道のない現代家屋は密閉度が高く、台所が北にあるとも限りませんから、糠漬けにはあまり適さないようです。けれど、こちらは失敗なしの簡単漬物ですから、漬物作りを敬遠してきた方にもお薦めです。

*にんにく・青唐辛子も、ガラス瓶に入れた味噌に漬ければ、3日後から食べられます。細かく刻んで、シンプルに焼いた肉や魚に添えると美味。こちらも、味噌を使い切るまで、長期間楽しめます。

*胡瓜、人参、大根など、水分の多い野菜は塩で水気を出して拭き取ってから味噌床に一晩漬けます。あまり日持ちはしないので、大人数が集まる時に漬けてみて下さい。野菜を漬けた後は、魚や肉を漬けて楽しみ、最後の味噌は味噌炒めに使うと無駄なしです。

<紅葉狩り>

 家の中の冬支度を終えたら、大自然の冬支度、見どころいっぱいの秋を見にいきましょう。紅葉の見えるカフェで過ごしたり、温泉につかりながら紅葉を眺め楽しむ、そんなお気に入りの穴場をお持ちの方も少なくないでしょう。

 落葉樹の冬支度が、紅葉です。秋になり気温が低くなると落葉樹は葉を落とす為、栄養分の供給をストップさせます。すると、葉の葉緑素が壊れ、今まで見えなかった赤や黄色の色素が浮き出て見えるようになります。
 黄色く色づく銀杏の黄葉(こうよう)、赤く色づく楓の紅葉(こうよう)、樹木によって色が違うのは、葉の持っている栄養素が違うからです。
 他の国でも紅葉は見られますが、日本の紅葉が格別なのは、国土の7割が森林で、生えている様々な落葉樹は、寒暖の差が大きい為、紅葉しやすい環境にあります。日本列島の至る所で綾なす紅葉を楽しめるのは、気候風土が深く関係していたのです。

 紅葉を鑑賞する習慣は、奈良時代から始まったといわれ「万葉集」にも登場します。
平安時代には貴族の間で広まり、紅葉を愛でながら宴を開き、紅葉の美しさを和歌に詠んで勝負する「紅葉合(もみじあわせ)」という遊びが流行りました。やがて、江戸時代には、庶民も楽しむ季節行事として定着していきました。

 紅葉を眺めることを「紅葉狩り」というのは何故でしょうか。現代では殆ど使われることがない言葉に「桜狩り」という春の季語もあります。
桜狩りと紅葉狩りは、元々は実際に野山から枝を手折って持ち帰ったことに由来する、と言われています。公家や貴族など、外出がままならない身分の高い女性たちのために、桜の枝や紅葉を手折って贈る、ということが行なわれていたようです。
紅葉狩りは、もうすぐ冬に閉ざされる晩秋の山を楽しむ、一年の最後の貴重なイベントだったのかもしれません。やがて、山は雪が舞い、白い沈黙に覆われていきます。
 家の中の冬支度を終えたら、大自然の冬支度、見どころいっぱいの秋を見にいきましょう。紅葉の見えるカフェで過ごしたり、温泉につかりながら紅葉を眺め楽しむ、そんなお気に入りの穴場をお持ちの方も少なくないでしょう。

 落葉樹の冬支度が、紅葉です。秋になり気温が低くなると落葉樹は葉を落とす為、栄養分の供給をストップさせます。すると、葉の葉緑素が壊れ、今まで見えなかった赤や黄色の色素が浮き出て見えるようになります。
 黄色く色づく銀杏の黄葉(こうよう)、赤く色づく楓の紅葉(こうよう)、樹木によって色が違うのは、葉の持っている栄養素が違うからです。
 他の国でも紅葉は見られますが、日本の紅葉が格別なのは、国土の7割が森林で、生えている様々な落葉樹は、寒暖の差が大きい為、紅葉しやすい環境にあります。日本列島の至る所で綾なす紅葉を楽しめるのは、気候風土が深く関係していたのです。

 紅葉を鑑賞する習慣は、奈良時代から始まったといわれ「万葉集」にも登場します。
平安時代には貴族の間で広まり、紅葉を愛でながら宴を開き、紅葉の美しさを和歌に詠んで勝負する「紅葉合(もみじあわせ)」という遊びが流行りました。やがて、江戸時代には、庶民も楽しむ季節行事として定着していきました。

 紅葉を眺めることを「紅葉狩り」というのは何故でしょうか。現代では殆ど使われることがない言葉に「桜狩り」という春の季語もあります。
桜狩りと紅葉狩りは、元々は実際に野山から枝を手折って持ち帰ったことに由来する、と言われています。公家や貴族など、外出がままならない身分の高い女性たちのために、桜の枝や紅葉を手折って贈る、ということが行なわれていたようです。
紅葉狩りは、もうすぐ冬に閉ざされる晩秋の山を楽しむ、一年の最後の貴重なイベントだったのかもしれません。やがて、山は雪が舞い、白い沈黙に覆われていきます。

 家の中の冬支度を終えたら、大自然の冬支度、見どころいっぱいの秋を見にいきましょう。紅葉の見えるカフェで過ごしたり、温泉につかりながら紅葉を眺め楽しむ、そんなお気に入りの穴場をお持ちの方も少なくないでしょう。

 落葉樹の冬支度が、紅葉です。秋になり気温が低くなると落葉樹は葉を落とす為、栄養分の供給をストップさせます。すると、葉の葉緑素が壊れ、今まで見えなかった赤や黄色の色素が浮き出て見えるようになります。
 黄色く色づく銀杏の黄葉(こうよう)、赤く色づく楓の紅葉(こうよう)、樹木によって色が違うのは、葉の持っている栄養素が違うからです。
 他の国でも紅葉は見られますが、日本の紅葉が格別なのは、国土の7割が森林で、生えている様々な落葉樹は、寒暖の差が大きい為、紅葉しやすい環境にあります。日本列島の至る所で綾なす紅葉を楽しめるのは、気候風土が深く関係していたのです。

 紅葉を鑑賞する習慣は、奈良時代から始まったといわれ「万葉集」にも登場します。
平安時代には貴族の間で広まり、紅葉を愛でながら宴を開き、紅葉の美しさを和歌に詠んで勝負する「紅葉合(もみじあわせ)」という遊びが流行りました。やがて、江戸時代には、庶民も楽しむ季節行事として定着していきました。

 紅葉を眺めることを「紅葉狩り」というのは何故でしょうか。現代では殆ど使われることがない言葉に「桜狩り」という春の季語もあります。
桜狩りと紅葉狩りは、元々は実際に野山から枝を手折って持ち帰ったことに由来する、と言われています。公家や貴族など、外出がままならない身分の高い女性たちのために、桜の枝や紅葉を手折って贈る、ということが行なわれていたようです。
紅葉狩りは、もうすぐ冬に閉ざされる晩秋の山を楽しむ、一年の最後の貴重なイベントだったのかもしれません。やがて、山は雪が舞い、白い沈黙に覆われていきます。

この記事のタグ :