縁結びの地・奥出雲で採れた天然水「仁多水(じんおおすい)」の公式ネットショップ

奥出雲の水「仁多水」

アクア:シマノシステム直営の公式ネットショップです。

  • ホーム
  • 商品一覧
  • 仁多水
  • 美味しさの秘密
  • 採水地「奥出雲」の自然
  • TSUNAGU

水は全て繋ぐ

2019年2月

最も寒さの厳しい時節ですが、どこからともなく漂ってくる梅の芳香が春の訪れを教えてくれる季節でもあります。「山笑う」「水温む」「鳥帰る」春を表現する美しい日本語があります。
昔は新年が立春からスタートしたので、元旦にあたる立春の前日「節分」は大晦日に相当する大切な日で、豆まき等、様々な邪気払いの行事が行われました。
節分の神事に因んだ食べ物には、1年の福を呼ぶ願いを込めたものが色々あります。
最も寒さの厳しい時節ですが、どこからともなく漂ってくる梅の芳香が春の訪れを教えてくれる季節でもあります。「山笑う」「水温む」「鳥帰る」春を表現する美しい日本語があります。
昔は新年が立春からスタートしたので、元旦にあたる立春の前日「節分」は大晦日に相当する大切な日で、豆まき等、様々な邪気払いの行事が行われました。
節分の神事に因んだ食べ物には、1年の福を呼ぶ願いを込めたものが色々あります。

最も寒さの厳しい時節ですが、どこからともなく漂ってくる梅の芳香が春の訪れを教えてくれる季節でもあります。「山笑う」「水温む」「鳥帰る」春を表現する美しい日本語があります。
昔は新年が立春からスタートしたので、元旦にあたる立春の前日「節分」は大晦日に相当する大切な日で、豆まき等、様々な邪気払いの行事が行われました。
節分の神事に因んだ食べ物には、1年の福を呼ぶ願いを込めたものが色々あります。

【若水】

古く宮中で主水司(もひとりのつかさ)から天皇に奉る水、「若水」は立春の日の行事でした。今では蛇口から簡単に入手できる水ですが、本来、水は神聖なものであり、季節が新しく生まれ変わるように、春の初めに汲む聖なる水は、別名「初水」「福水」「初穂水」「宝水」「黄金水」、とも言われ、身心を清め、生気をたくわえ、1年の邪気を取り除く力があるとされてきました。その起源は古代の変若水(おちみず、をちみづ)、若返りの水の信仰から出たものとされます。
古く宮中で主水司(もひとりのつかさ)から天皇に奉る水、「若水」は立春の日の行事でした。今では蛇口から簡単に入手できる水ですが、本来、水は神聖なものであり、季節が新しく生まれ変わるように、春の初めに汲む聖なる水は、別名「初水」「福水」「初穂水」「宝水」「黄金水」、とも言われ、身心を清め、生気をたくわえ、1年の邪気を取り除く力があるとされてきました。その起源は古代の変若水(おちみず、をちみづ)、若返りの水の信仰から出たものとされます。

古く宮中で主水司(もひとりのつかさ)から天皇に奉る水、「若水」は立春の日の行事でした。今では蛇口から簡単に入手できる水ですが、本来、水は神聖なものであり、季節が新しく生まれ変わるように、春の初めに汲む聖なる水は、別名「初水」「福水」「初穂水」「宝水」「黄金水」、とも言われ、身心を清め、生気をたくわえ、1年の邪気を取り除く力があるとされてきました。その起源は古代の変若水(おちみず、をちみづ)、若返りの水の信仰から出たものとされます。

【若水信仰の起こり】

飲めば若返るといわれた変若水(おちみず、をちみづ)は、月の不死信仰や中国の仙薬とも関係します。
古くから世界中で月と不死、再生が結び付けられて来たのは、新月から上弦の月、満月、下弦の月、新月…という月の満ち欠けが、死と再生を想起させたからです。満月という盛りを過ぎ、衰えて下弦の月となり、しまいに新月として消えてしまうものの、また三日月として夜空に復活する循環は、死と再生、更に不死と不老を願う観念と結びついていきました。また、中国には若返りの仙薬の話が幾つもありますが、『淮南子』に姮娥が西王母の「不死の薬」を盗んで走った先が月の世界だったというのも、月と不死を固く結びつけるものになりました。
飲めば若返るといわれた変若水(おちみず、をちみづ)は、月の不死信仰や中国の仙薬とも関係します。
古くから世界中で月と不死、再生が結び付けられて来たのは、新月から上弦の月、満月、下弦の月、新月…という月の満ち欠けが、死と再生を想起させたからです。満月という盛りを過ぎ、衰えて下弦の月となり、しまいに新月として消えてしまうものの、また三日月として夜空に復活する循環は、死と再生、更に不死と不老を願う観念と結びついていきました。また、中国には若返りの仙薬の話が幾つもありますが、『淮南子』に姮娥が西王母の「不死の薬」を盗んで走った先が月の世界だったというのも、月と不死を固く結びつけるものになりました。

飲めば若返るといわれた変若水(おちみず、をちみづ)は、月の不死信仰や中国の仙薬とも関係します。
古くから世界中で月と不死、再生が結び付けられて来たのは、新月から上弦の月、満月、下弦の月、新月…という月の満ち欠けが、死と再生を想起させたからです。満月という盛りを過ぎ、衰えて下弦の月となり、しまいに新月として消えてしまうものの、また三日月として夜空に復活する循環は、死と再生、更に不死と不老を願う観念と結びついていきました。また、中国には若返りの仙薬の話が幾つもありますが、『淮南子』に姮娥が西王母の「不死の薬」を盗んで走った先が月の世界だったというのも、月と不死を固く結びつけるものになりました。

【月夜見様の持てるをち水】

天照大神様(太陽の神)の弟、素戔嗚命様(海原の神)の兄である月読命様は月の神で、ツクヨミ(月読)という「月を読む」名は、満月から新月までの時間の流れを基準とする暦との縁も深く、神社で一日と十五日に参拝するのも月の満ち欠けに関連し、一か月の内、十五日を境に振り出しに戻り「気」が高まることから、一日に祓い十五日にまた祓う、これが参拝時期の所以です。
日本神話のこの月の神、月読命様は、『萬葉集』の中で「月夜見」として、若返りの霊水「をち水」を持つ者として登場する。いずれの歌も、年老いていく人を嘆いて、天にいる「月夜見」が持つ「をち水」を求める切実な心が詠み込まれています。

「天橋(文) 長雲鴨 高山(文) 高雲鴨 月夜見乃 持有越水 伊取來而 公奉而 越得之(旱)物」
天橋も 長くもがも 高山も 高くもがも 月夜見の 持てるをち水 い取り来て 君に奉りて をち得てしかも(巻13・3245)
「吾手本 將卷跡念牟 大夫者 變水白髪生二有」
我が手元 まかむと思はむ ますらをは をち水求め 白髪生ひにたり(巻4・627)
「白髪生流 事者不念 變水者 鹿煮藻闕二毛 求而将行」
白髪生ふる ことは思はず をち水は かにもかくにも 求めてゆかむ(巻4・628)
「従古 人之言来流 老人之 變若云水曽 名尓負瀧之瀬」
古ゆ 人の言ひける 老人の をつといふ水ぞ 名に負ふ瀧の瀬(巻6・1034)
天照大神様(太陽の神)の弟、素戔嗚命様(海原の神)の兄である月読命様は月の神で、ツクヨミ(月読)という「月を読む」名は、満月から新月までの時間の流れを基準とする暦との縁も深く、神社で一日と十五日に参拝するのも月の満ち欠けに関連し、一か月の内、十五日を境に振り出しに戻り「気」が高まることから、一日に祓い十五日にまた祓う、これが参拝時期の所以です。
日本神話のこの月の神、月読命様は、『萬葉集』の中で「月夜見」として、若返りの霊水「をち水」を持つ者として登場する。いずれの歌も、年老いていく人を嘆いて、天にいる「月夜見」が持つ「をち水」を求める切実な心が詠み込まれています。

「天橋(文) 長雲鴨 高山(文) 高雲鴨 月夜見乃 持有越水 伊取來而 公奉而 越得之(旱)物」
天橋も 長くもがも 高山も 高くもがも 月夜見の 持てるをち水 い取り来て 君に奉りて をち得てしかも(巻13・3245)
「吾手本 將卷跡念牟 大夫者 變水白髪生二有」
我が手元 まかむと思はむ ますらをは をち水求め 白髪生ひにたり(巻4・627)
「白髪生流 事者不念 變水者 鹿煮藻闕二毛 求而将行」
白髪生ふる ことは思はず をち水は かにもかくにも 求めてゆかむ(巻4・628)
「従古 人之言来流 老人之 變若云水曽 名尓負瀧之瀬」
古ゆ 人の言ひける 老人の をつといふ水ぞ 名に負ふ瀧の瀬(巻6・1034)

天照大神様(太陽の神)の弟、素戔嗚命様(海原の神)の兄である月読命様は月の神で、ツクヨミ(月読)という「月を読む」名は、満月から新月までの時間の流れを基準とする暦との縁も深く、神社で一日と十五日に参拝するのも月の満ち欠けに関連し、一か月の内、十五日を境に振り出しに戻り「気」が高まることから、一日に祓い十五日にまた祓う、これが参拝時期の所以です。
日本神話のこの月の神、月読命様は、『萬葉集』の中で「月夜見」として、若返りの霊水「をち水」を持つ者として登場する。いずれの歌も、年老いていく人を嘆いて、天にいる「月夜見」が持つ「をち水」を求める切実な心が詠み込まれています。

「天橋(文) 長雲鴨 高山(文) 高雲鴨 月夜見乃 持有越水 伊取來而 公奉而 越得之(旱)物」
天橋も 長くもがも 高山も 高くもがも 月夜見の 持てるをち水 い取り来て 君に奉りて をち得てしかも(巻13・3245)
「吾手本 將卷跡念牟 大夫者 變水白髪生二有」
我が手元 まかむと思はむ ますらをは をち水求め 白髪生ひにたり(巻4・627)
「白髪生流 事者不念 變水者 鹿煮藻闕二毛 求而将行」
白髪生ふる ことは思はず をち水は かにもかくにも 求めてゆかむ(巻4・628)
「従古 人之言来流 老人之 變若云水曽 名尓負瀧之瀬」
古ゆ 人の言ひける 老人の をつといふ水ぞ 名に負ふ瀧の瀬(巻6・1034)

【アカリヤザガマの若水と死水】

「月と若返りの水」の結びつきは、沖縄の民族伝承にも語られています。
太古の昔、宮古島に初めて人間が住むようになった時、月と太陽が人間に長命を与えようとして、節祭の新夜にアカリヤザガマという人間を使いにやり、変若水(シジミズ)と死水(シニミズ)を入れた桶を天秤に担いで下界に行かせた。「人間には変若水を、蛇には死水を与えよ」との心づもりだったが、彼が途中で桶を下ろし路端で小用を足したところ、蛇が現れて変若水を浴びてしまったので、仕方なく命令とは逆に死水を人間に浴びせた。それ以来、蛇は脱尾して生まれかわる不死の体を得、人間は短命の内に死ぬ運命を背負った。神は人を哀れみ、少しでも若返りできるよう、その時から毎年、節祭の祭日に「若水」を送るようになった。これが「若水」の行事の起こりとされています。
「月と若返りの水」の結びつきは、沖縄の民族伝承にも語られています。
太古の昔、宮古島に初めて人間が住むようになった時、月と太陽が人間に長命を与えようとして、節祭の新夜にアカリヤザガマという人間を使いにやり、変若水(シジミズ)と死水(シニミズ)を入れた桶を天秤に担いで下界に行かせた。「人間には変若水を、蛇には死水を与えよ」との心づもりだったが、彼が途中で桶を下ろし路端で小用を足したところ、蛇が現れて変若水を浴びてしまったので、仕方なく命令とは逆に死水を人間に浴びせた。それ以来、蛇は脱尾して生まれかわる不死の体を得、人間は短命の内に死ぬ運命を背負った。神は人を哀れみ、少しでも若返りできるよう、その時から毎年、節祭の祭日に「若水」を送るようになった。これが「若水」の行事の起こりとされています。

「月と若返りの水」の結びつきは、沖縄の民族伝承にも語られています。
太古の昔、宮古島に初めて人間が住むようになった時、月と太陽が人間に長命を与えようとして、節祭の新夜にアカリヤザガマという人間を使いにやり、変若水(シジミズ)と死水(シニミズ)を入れた桶を天秤に担いで下界に行かせた。「人間には変若水を、蛇には死水を与えよ」との心づもりだったが、彼が途中で桶を下ろし路端で小用を足したところ、蛇が現れて変若水を浴びてしまったので、仕方なく命令とは逆に死水を人間に浴びせた。それ以来、蛇は脱尾して生まれかわる不死の体を得、人間は短命の内に死ぬ運命を背負った。神は人を哀れみ、少しでも若返りできるよう、その時から毎年、節祭の祭日に「若水」を送るようになった。これが「若水」の行事の起こりとされています。

【若水迎え】

「若水迎え」は、早朝、できるだけ遠方に汲みに行くのが良いという慣わしがあり、途中で人に会っても口をきいてはいけないとされてきました。
そうやって汲んできた「若水」は、まずは年神様にお供えし、口をすすいで身を清めたり、供物に用いたり、福茶を立てたりしました。(奄美群島では若水と一緒に小石を3個取り、火の神に供えた風習もあるようです)
「若水迎え」は、早朝、できるだけ遠方に汲みに行くのが良いという慣わしがあり、途中で人に会っても口をきいてはいけないとされてきました。
そうやって汲んできた「若水」は、まずは年神様にお供えし、口をすすいで身を清めたり、供物に用いたり、福茶を立てたりしました。(奄美群島では若水と一緒に小石を3個取り、火の神に供えた風習もあるようです)

「若水迎え」は、早朝、できるだけ遠方に汲みに行くのが良いという慣わしがあり、途中で人に会っても口をきいてはいけないとされてきました。
そうやって汲んできた「若水」は、まずは年神様にお供えし、口をすすいで身を清めたり、供物に用いたり、福茶を立てたりしました。(奄美群島では若水と一緒に小石を3個取り、火の神に供えた風習もあるようです)

【霊験あらたかな仁多水を、2019年の若水に】

水を汲む事はほとんどなくなった今でも、年の始め、夜明けに一年の邪気を払う「若水」を汲みに遠くまで足を運ぶ人が少なくないのは、清い水を重んじてきた日本人ならではの風習かもしれません。
とはいえ、都会の生活様式の中では、湧き水を探しにいくのも大変です。節分の朝一番の若水は、ペットボトルの水で構いませんから、特別なお水を、心を込めてお供えして下さい。お気に入りの水がまだ見つからない方は、仁多水をお試し下さい。
普段、あまり気にも留めずに飲んでいる水ですが、何も食べられない病気の時、仁多水だけは何リットルも美味しく飲めた不思議な経験があります。飲むとふわっと軽く、全細胞の隅々まで行き渡るようで、どれ程飲んでも、お腹一杯になりません。
老廃物や身体に悪い物を溶かして体外へ排出してくれるのか、本来の状態に戻そうとする自然治癒力が促進したのか、身体の循環が整って快方に向かった体験があります。 
日に当たってキラキラ光るボトルを見ていると、霊験あらたかな不思議な力を感じます。2019年の若水に、そして何か大事な時には、是非、仁多水をお試しください。
水を汲む事はほとんどなくなった今でも、年の始め、夜明けに一年の邪気を払う「若水」を汲みに遠くまで足を運ぶ人が少なくないのは、清い水を重んじてきた日本人ならではの風習かもしれません。
とはいえ、都会の生活様式の中では、湧き水を探しにいくのも大変です。節分の朝一番の若水は、ペットボトルの水で構いませんから、特別なお水を、心を込めてお供えして下さい。お気に入りの水がまだ見つからない方は、仁多水をお試し下さい。
普段、あまり気にも留めずに飲んでいる水ですが、何も食べられない病気の時、仁多水だけは何リットルも美味しく飲めた不思議な経験があります。飲むとふわっと軽く、全細胞の隅々まで行き渡るようで、どれ程飲んでも、お腹一杯になりません。
老廃物や身体に悪い物を溶かして体外へ排出してくれるのか、本来の状態に戻そうとする自然治癒力が促進したのか、身体の循環が整って快方に向かった体験があります。 
日に当たってキラキラ光るボトルを見ていると、霊験あらたかな不思議な力を感じます。2019年の若水に、そして何か大事な時には、是非、仁多水をお試しください。

水を汲む事はほとんどなくなった今でも、年の始め、夜明けに一年の邪気を払う「若水」を汲みに遠くまで足を運ぶ人が少なくないのは、清い水を重んじてきた日本人ならではの風習かもしれません。
とはいえ、都会の生活様式の中では、湧き水を探しにいくのも大変です。節分の朝一番の若水は、ペットボトルの水で構いませんから、特別なお水を、心を込めてお供えして下さい。お気に入りの水がまだ見つからない方は、仁多水をお試し下さい。
普段、あまり気にも留めずに飲んでいる水ですが、何も食べられない病気の時、仁多水だけは何リットルも美味しく飲めた不思議な経験があります。飲むとふわっと軽く、全細胞の隅々まで行き渡るようで、どれ程飲んでも、お腹一杯になりません。
老廃物や身体に悪い物を溶かして体外へ排出してくれるのか、本来の状態に戻そうとする自然治癒力が促進したのか、身体の循環が整って快方に向かった体験があります。 
日に当たってキラキラ光るボトルを見ていると、霊験あらたかな不思議な力を感じます。2019年の若水に、そして何か大事な時には、是非、仁多水をお試しください。

【1年の無病息災を願って飲む福茶】

1年の邪気を祓う縁起ものとして受け継がれてきた福茶は、年の始めに、健康長寿や無病息災を願って飲むお茶で、平安時代中期の空也上人が病人にお茶を飲ませ、疫病が治まった功徳が起源とされます。
節分(旧暦の大晦日)に飲む福茶は、若水を沸かし、豆撒きに使う豆、昆布、梅干しにお湯またはお茶を注いで作ります。お鍋に豆と昆布と梅干しを入れ、じっくり煮込んで味を出す方法もあります。さらに手をかけるなら、豆や梅干しをフライパンで炒ると香ばしさが増し、また、砂糖を少し入れると味に深みが出ます。
昆布は「よろこぶ」梅は「おめでたい松竹梅」、豆は「まめまめしく」の縁起物です。
※新暦の元旦や大晦日に飲む福茶は、特別に大福茶と呼ばれ、黒豆・結び昆布・梅干し・山椒に湯、又は茶を注ぎ入れます。

豆撒きの後、自分の数え年の数だけ豆を食べると、その1年、健康でいられるといわれますが、幼い子やお年寄りにとって、数え年の豆を食べるのは大変です。代わりに福茶をおすすめしてみて下さい。節分は、大寒の最後の日にあたり、寒さはこの日がピークですから、身体が温まり暖もとれる福茶は、節分に相応しい飲み物かもしれません。
1年の邪気を祓う縁起ものとして受け継がれてきた福茶は、年の始めに、健康長寿や無病息災を願って飲むお茶で、平安時代中期の空也上人が病人にお茶を飲ませ、疫病が治まった功徳が起源とされます。
節分(旧暦の大晦日)に飲む福茶は、若水を沸かし、豆撒きに使う豆、昆布、梅干しにお湯またはお茶を注いで作ります。お鍋に豆と昆布と梅干しを入れ、じっくり煮込んで味を出す方法もあります。さらに手をかけるなら、豆や梅干しをフライパンで炒ると香ばしさが増し、また、砂糖を少し入れると味に深みが出ます。
昆布は「よろこぶ」梅は「おめでたい松竹梅」、豆は「まめまめしく」の縁起物です。
※新暦の元旦や大晦日に飲む福茶は、特別に大福茶と呼ばれ、黒豆・結び昆布・梅干し・山椒に湯、又は茶を注ぎ入れます。

豆撒きの後、自分の数え年の数だけ豆を食べると、その1年、健康でいられるといわれますが、幼い子やお年寄りにとって、数え年の豆を食べるのは大変です。代わりに福茶をおすすめしてみて下さい。節分は、大寒の最後の日にあたり、寒さはこの日がピークですから、身体が温まり暖もとれる福茶は、節分に相応しい飲み物かもしれません。

1年の邪気を祓う縁起ものとして受け継がれてきた福茶は、年の始めに、健康長寿や無病息災を願って飲むお茶で、平安時代中期の空也上人が病人にお茶を飲ませ、疫病が治まった功徳が起源とされます。
節分(旧暦の大晦日)に飲む福茶は、若水を沸かし、豆撒きに使う豆、昆布、梅干しにお湯またはお茶を注いで作ります。お鍋に豆と昆布と梅干しを入れ、じっくり煮込んで味を出す方法もあります。さらに手をかけるなら、豆や梅干しをフライパンで炒ると香ばしさが増し、また、砂糖を少し入れると味に深みが出ます。
昆布は「よろこぶ」梅は「おめでたい松竹梅」、豆は「まめまめしく」の縁起物です。
※新暦の元旦や大晦日に飲む福茶は、特別に大福茶と呼ばれ、黒豆・結び昆布・梅干し・山椒に湯、又は茶を注ぎ入れます。

豆撒きの後、自分の数え年の数だけ豆を食べると、その1年、健康でいられるといわれますが、幼い子やお年寄りにとって、数え年の豆を食べるのは大変です。代わりに福茶をおすすめしてみて下さい。節分は、大寒の最後の日にあたり、寒さはこの日がピークですから、身体が温まり暖もとれる福茶は、節分に相応しい飲み物かもしれません。

【追儺】

寒さ厳しい年の暮れ。古く宮中では、鬼に扮した舎人(とねり)たちを桃の弓につがえた蓬(よもぎ)の矢で、厄と共に追い払う追儺(ついな)の儀式が行われました。
大晦日の追儺が民間に広まるにつれ、鬼に投じるものは蓬の矢から煎り豆へ。形は変われど、新しい季節の始まりに幸いを願う気持ちは、いつの時代も変わりません。
福豆は節分にまく煎り豆のことで、別名、鬼うち豆とも言われます。
寒さ厳しい年の暮れ。古く宮中では、鬼に扮した舎人(とねり)たちを桃の弓につがえた蓬(よもぎ)の矢で、厄と共に追い払う追儺(ついな)の儀式が行われました。
大晦日の追儺が民間に広まるにつれ、鬼に投じるものは蓬の矢から煎り豆へ。形は変われど、新しい季節の始まりに幸いを願う気持ちは、いつの時代も変わりません。
福豆は節分にまく煎り豆のことで、別名、鬼うち豆とも言われます。

寒さ厳しい年の暮れ。古く宮中では、鬼に扮した舎人(とねり)たちを桃の弓につがえた蓬(よもぎ)の矢で、厄と共に追い払う追儺(ついな)の儀式が行われました。
大晦日の追儺が民間に広まるにつれ、鬼に投じるものは蓬の矢から煎り豆へ。形は変われど、新しい季節の始まりに幸いを願う気持ちは、いつの時代も変わりません。
福豆は節分にまく煎り豆のことで、別名、鬼うち豆とも言われます。

【おたふく】

節分の「鬼は外!福は内!」という声は、鬼を追い払う事ではなく、たくさんの福を呼び込むことが本来の目的ですから、この日の主役は「お多福」です。
お多福は、古くから存在する丸顔、鼻が低く丸く、頭が小さく、垂髪、頬が丸く豊かに張り出した特徴をもつ女性の面で、同様の特徴を持つ女性もそう呼びます。お多福、阿多福(おたふく)、お亀、阿亀、文楽人形ではお福(おふく)、狂言面では乙御前(おとごぜ)或いは乙(おと)といいます。
節分の頃は、お多福面を飾ったり、お多福の器を用いて、一年の福を願いましょう。

節分の「鬼は外!福は内!」という声は、鬼を追い払う事ではなく、たくさんの福を呼び込むことが本来の目的ですから、この日の主役は「お多福」です。
お多福は、古くから存在する丸顔、鼻が低く丸く、頭が小さく、垂髪、頬が丸く豊かに張り出した特徴をもつ女性の面で、同様の特徴を持つ女性もそう呼びます。お多福、阿多福(おたふく)、お亀、阿亀、文楽人形ではお福(おふく)、狂言面では乙御前(おとごぜ)或いは乙(おと)といいます。
節分の頃は、お多福面を飾ったり、お多福の器を用いて、一年の福を願いましょう。

節分の「鬼は外!福は内!」という声は、鬼を追い払う事ではなく、たくさんの福を呼び込むことが本来の目的ですから、この日の主役は「お多福」です。
お多福は、古くから存在する丸顔、鼻が低く丸く、頭が小さく、垂髪、頬が丸く豊かに張り出した特徴をもつ女性の面で、同様の特徴を持つ女性もそう呼びます。お多福、阿多福(おたふく)、お亀、阿亀、文楽人形ではお福(おふく)、狂言面では乙御前(おとごぜ)或いは乙(おと)といいます。
節分の頃は、お多福面を飾ったり、お多福の器を用いて、一年の福を願いましょう。

■日本橋人形町 壽堂 『福和内』

福豆なんて、どこで買っても同じ……ではありません。明治17年(1884年)創業の「壽堂」が節分用に発売する『福和内』は本当に美味しい福豆です。豆の2色も鮮やかで、松、梅、小判、お多福と縁起づくし。豆まきの掛け声に因み、干菓子の「鬼さん」は枡の外におられますね。
驚く程、美味しい福豆なので、瞬く間に年の数以上食べてしまえそう…。取り合いにならないよう仲良く…とご忠告申し上げておきます。
福豆なんて、どこで買っても同じ……ではありません。明治17年(1884年)創業の「壽堂」が節分用に発売する『福和内』は本当に美味しい福豆です。豆の2色も鮮やかで、松、梅、小判、お多福と縁起づくし。豆まきの掛け声に因み、干菓子の「鬼さん」は枡の外におられますね。
驚く程、美味しい福豆なので、瞬く間に年の数以上食べてしまえそう…。取り合いにならないよう仲良く…とご忠告申し上げておきます。

福豆なんて、どこで買っても同じ……ではありません。明治17年(1884年)創業の「壽堂」が節分用に発売する『福和内』は本当に美味しい福豆です。豆の2色も鮮やかで、松、梅、小判、お多福と縁起づくし。豆まきの掛け声に因み、干菓子の「鬼さん」は枡の外におられますね。
驚く程、美味しい福豆なので、瞬く間に年の数以上食べてしまえそう…。取り合いにならないよう仲良く…とご忠告申し上げておきます。

■鶴屋吉信 福ハ内

鶴屋吉信四代目当主が、節分の豆まきをしている商家の娘の微笑ましい様子を表現した「福ハ内」。
明るい黄色の桃山に品のよい白餡を包んで焼き上げた、招福の願いを込めた縁起菓子です。

「お多福」に似ているから福を呼び込むとされ、「お多福豆」にもなぞらえた形はどこかユーモラスで、ほのぼのとした笑みを誘います。
まさに「笑う門には福来る」で、たくさんの福が舞い込む一年でありたいものです。
鶴屋吉信四代目当主が、節分の豆まきをしている商家の娘の微笑ましい様子を表現した「福ハ内」。
明るい黄色の桃山に品のよい白餡を包んで焼き上げた、招福の願いを込めた縁起菓子です。

「お多福」に似ているから福を呼び込むとされ、「お多福豆」にもなぞらえた形はどこかユーモラスで、ほのぼのとした笑みを誘います。
まさに「笑う門には福来る」で、たくさんの福が舞い込む一年でありたいものです。

鶴屋吉信四代目当主が、節分の豆まきをしている商家の娘の微笑ましい様子を表現した「福ハ内」。
明るい黄色の桃山に品のよい白餡を包んで焼き上げた、招福の願いを込めた縁起菓子です。

「お多福」に似ているから福を呼び込むとされ、「お多福豆」にもなぞらえた形はどこかユーモラスで、ほのぼのとした笑みを誘います。
まさに「笑う門には福来る」で、たくさんの福が舞い込む一年でありたいものです。